本文へスキップ

広島の行政書士が交通事故による後遺障害認定の立証をサポートします。

TEL/FAX 082-533-7359
携帯 090-6439-5539

ご相談の流れHEADLINE

1 メール、ファックス、電話でお問い合わせください。(無料)


  • あらかじめ、メールかFAXで事故についての大体の内容をお知らせ頂ければ、相談がスムーズです。(左メニューより、お問い合わせのところをクリックしてください。)
  • 当事務所では、お電話でご相談を受けた場合、正確な情報をお伝えするため一度電話を切って、改めてお電話させて頂く場合があります。その時、お電話番号をお聞きする場合がございます。ご依頼につなげるための勧誘のお電話をするためではございませんので、ご了承願います
  • お気軽になるべく早目のご相談をおすすめします。特に、治療費の支払いについての心配事を持たれていたり、症状固定の時期を迎えておられる方は、ポイントとなる地点ですので、一人で悩まず専門家の意見を聞いてみることを検討されてください。
  • 保険会社から提示される示談書は、「免責証書」という名前のことがあります。印鑑をつく前に、よくご検討下さい。

2 出張相談(無料)


  • 基本的にこちらから、お客様のもとに出向き、ご相談をうけます。
    (広島市・海田町・府中町・廿日市市・岩国市・大竹市・呉市・熊野町・坂町は交通費無料です。それ以外の市町村の場合、1qにつき15円の実費をいただきます。)
  • ご相談の際、もしお手元にあるか、または入手が可能でございましたら、以下の資料をご準備ください。

     交通事故証明書
    後遺障害診断書写し(後遺症が残った場合)
    後遺障害等級認定結果通知写し(特に理由部分)
    これまでの全診断書 ・診療報酬明細書
    MRI画像コピー
    保険証券・パンフレット・約款(被害者と同居の親族の任意保険)
    ※補償内容の確認をするため。
     保険会社からの示談提示金額(すでに提示されている場合)
    源泉徴収票(事故前から現在)
    確定申告書写し(事業者の場合)
    給与明細書(事故直近~3か月前まで)
    (例えば、事故が5月であれば、2月~4月となります。)
    休業損害証明書写し 
    事故状況を書いた図
    事故に関係すると思われる支出関係の領収書、それを表にしたもの等


3 ご提案・見積もり・今後の方針

  • 今後の手続きの方向性を打ち合わせし、料金などの提示を致します。

4 ご契約


  • 当事務所の説明にご納得頂きましたら、契約書に署名・ご捺印をいただき、正式な契約となります。

5 書類作成・申請


  • 必要な書類をそろえるための活動を致します。必要に応じて、事故現場調査・医療機関への同行などをさせて頂きます。出来上がった書類を自賠責保険会社などに提出します。

6 結果についての打ち合わせ


  • 保険会社など相手方の回答を踏まえて、今後の対応を一緒に考えます。労災が適用される事案については社会保険労務士、訴えで主張する利益が140万円を超えない訴訟については司法書士と、ご依頼者様の同意に基づいたうえで、各専門家と協同して手続きにあたらせて頂くことがあります。また、当事務所が作成した書類をご持参の上、弁護士事務所にご相談いただくことも可能です。もし、お知り合いの弁護士がいらっしゃらない場合は、当事務所と懇意にしている複数の弁護士の中から、希望する弁護士をご紹介することも可能です。

このページの先頭へ

バナースペース

原行政書士事務所


〒733-0842
広島市西区井口5丁目10-18-101号

事務所不在の場合も多いため、お気軽に携帯の方にお電話くださいますようお願い申し上げます。

faxsoudan4.pdf へのリンク

時間のない方は、ここをクリック!