本文へスキップ

広島の行政書士が交通事故による後遺障害認定の立証をサポートします。

TEL/FAX 082-533-7359
携帯 090-6439-5539

サポートの内容とその費用HEADLINE

サポート一覧

 メール・電話による無料相談 方向性が決まるまで何度でも、無料 
(ご契約いただいた後はいつでも無料)
 出張相談   広島市およびその近郊は
初回に限り無料

(こちらの提案でさせて頂く
出張相談は無料)
 交通事故被害包括サポート  ※1
  • 行政書士法に基づく範囲、弁護士法第72条に抵触しない範囲で精一杯やらせて頂きます。

※1 「交通事故被害包括サポート」とは、専門的な知識を要し、事故被害者にとって手続きが煩雑で時間のかかる以下の全ての作業を包括して代行させて頂くサービスです。(弁護士と違い、交渉の代理人になることはできません。ただし、様々なアドバイスはさせて頂きますので、ご安心ください)

 交通事故被害包括サポート業務内容
1 自賠責保険及び任意保険に対する損害賠償金の請求手続き
2 後遺障害等級認定に対する異議申し立て手続き
3 示談書・内容証明書・損害賠償額計算書の作成
4 事故原因報告書図面の作成
5 警察署への告訴状・告発状の作成・提出
6 検察審査会への審査申立に関する申立書の作成
7 前各号に付帯関連する諸手続き、書類作成
8 事故原因調査及び治療情報の収集・調査

9 調停・交通事故紛争処理センターへ補助人として同行
  • 料金
    @着手金 
    84,000円(消費税込)(後遺症が残っていない方)
    94,500円(消費税込)(これから後遺症の認定を受けようとしている、または現在の等級認定に納得がいってない方)
     
     他事務所と比較して、高いように思われるかも知れません。しかしこれは、ご依頼していただいた時点から解決までをトータルでサポートさせて頂くためです。例えば、自賠責保険では、当座の出費を請求する仮渡金請求、治療費・入院雑費が10万円を超えた時点でその都度行う内払金請求、損害額確定後に行う本請求があります。当事務所では、ひとつの事故に対する一連のお手続きを包括受任という形で上記金額の中でやらせて頂きますので、最終的にはご納得頂ける費用であると考えています。
      なお、ご自身またはご家族が自動車保険にかけていらっしゃる任意保険に弁護士費用等担保特約がついている方は、行政書士に依頼する手続き費用・相談料の一部または全部が、多くの場合10万円を上限として支払われますつまり、弁護士費用担保特約が利用できる場合、当事務所への着手金に対しての実質的な負担は¥0になるということです。保険証券のご確認をお願いいたします。こちらで確認することもできます。

    A成果報酬
     当事務所がかかわることによって、保険会社から提示された金額の増加分(経済的利益)に対して、当事務所規定の料率を乗じて計算させて頂きます。(およその目安10%)
     当事務所の料率は、ご依頼者様の受け取り金額が高くなればなるほど、低くなるように設定してあり、10%を切ることもあります。ご契約時に書面で提示させて頂きます。


    B実費
    8 事故原因調査及び治療情報の収集・調査
    9 調停・交通事故紛争処理センターへ補助人として同行
    (ご依頼者様の同意に基づき行います)
     上記の表中の8,9のような当事務所を離れることが必要な業務に日当(1日当たり上限2万円)が発生します。
     その他交通費、診断書、画像などの実費がかかります。
    ※当事務所へのお支払いは@~Bの合計になります。
  • 個別の案件もお受けしておりますので、ご相談ください。

バナースペース

原行政書士事務所


〒733-0842
広島市西区井口5丁目10-18-101号

事務所不在の場合も多いため、お気軽に携帯の方にお電話くださいますようお願い申し上げます。

faxsoudan4.pdf へのリンク

時間のない方は、ここをクリック!